乾燥肌予防.com >> 乾燥肌の原因 >> お肌が乾燥しやすい環境とは?

お肌が乾燥しやすい環境とは?

乾燥肌が一般的に多く見られる季節といえばもちろん冬の時期。冬は気温の低下と共に湿度も下がる事から空気が乾燥します。これに伴って人の肌は水分を奪われ乾燥肌を導いてしまいます。

 

 

冬の乾燥と乾燥肌

肌の保湿するのに最も適した湿度は約60%。これが乾燥により30%以下になると肌の皮膚表面にある「角質層」に含まれている水分の蒸発を高めてしまいます。さらに乾燥している人の肌からは汗が分泌されにくくなるため、皮脂分が不足しさらに乾燥を促進させてしまうのです。

汗には皮脂とまじりあうことで肌を保護してくれる働きもありますが、この汗が出にくいことで肌の保護機能が低下して乾燥肌となるわけです。

 

このように、どうしても空気が乾燥しやすい「冬」がお肌も乾燥しやすい環境と言えるでしょう。

 

じゃあ、湿度の高い夏などの時期は乾燥肌対策をしなくてもよいのか?というとからなずしもそうとはいえません。
夏場にかいてしまう大量の汗が乾燥肌の原因となってしまうこともあるのです。

 

悪い汗、大量の発汗は乾燥肌の原因にも

大量の汗は水分など肌に必要な保湿成分まで一緒に排出してしまいます。肌が乾燥状態となってしまいます。

 

また汗は、肌の角質層部分に侵入しやすい傾向があり角質細胞を膨張させます。肌の角質層部分が水分によって膨張すると、水分が一度蒸発します。

その後肌が乾燥すると角質層の収縮を促進。そうすると角質細胞が乱れてしまい、その結果肌に必要な保湿成分も失われて肌を乾燥へと導いてしまいます。さらに汗は、水よりも角質を膨張させる効力が強いと考えられているので、保湿成分を流出させやすく肌の保護機能は弱まってしまうのです。

 

適量であれば問題ありませんが、多く汗をかくのもあまり良くないということになります。

 

このほかにも汗のかきすぎは「あせも」や「体臭」などの原因になることもあります。体臭のお悩みに関しては「体臭対策.com」 などもご参照ください。