乾燥肌予防.com >> 乾燥肌の原因 >> 間違ったスキンケアが乾燥肌の原因に?

間違ったスキンケアが乾燥肌の原因に?

スキンケアは、肌を乾燥から守るなど肌を健康な状態に保ったり、また肌トラブルを修復するなど肌には欠かせない習慣です。しかしいくら肌のためだからと言って、スキンケアの方法が間違っていれば、乾燥肌を助長させるなど逆効果になってしまう場合も。

 

 

あなたはやっていない?乾燥肌を進行させるスキンケア

以下は、乾燥肌にとってマイナスとなるスキンケア方法です。

 

■過剰な洗顔

乾燥肌にとって過剰な洗顔は、肌の汚れだけでなく肌から水分を失わせ角質層まで悪い影響を与えてしまうことがあります。洗顔料はもちろん肌の汚れを落とす効果はありますが、角質層の脂分まで一緒に落としてしまいます。洗顔の後に顔がつっぱるのは洗顔料によって、脂分まで洗い流してしまった証拠。角質層の脂分が減少すると、肌の水分が蒸発し乾燥肌になってしまいます。肌の脂分や化粧などの汚れを無理に落とそうとして肌を擦りすぎたり、必要以上に長く洗ったり、何度も洗ったりするのも良くありません。こちらも必要な皮脂まで肌の汚れと一緒に洗い流してしまうので、肌バリア機能を失い乾燥肌を導いてしまいます。

 

■誤った洗顔料のチョイスや使用法

洗顔料によっても乾燥肌に良くないものがあります。洗浄力が強すぎるものやアルカリ性の洗顔料は特に汚れだけでなく皮脂まで流してしまいます。また、肌への刺激の強いものは乾燥肌の症状を悪化させてしまう場合も。メイク落とし用の油性のクレンジングオイルなども必要な皮脂が奪いがち。通常の洗顔には向きません。洗顔で脂分を全て流し落とさず、むしろある程度は残しておいた方が乾燥肌には良いのです。

 

■肌に適さないお湯の温度

洗顔の際のお湯の温度も乾燥肌にはとても重要。熱いお湯は肌に必要な皮脂まで流しやすくなり、また逆にぬるめの温度だと肌の汚れを十分に落とせず肌を清潔に保つ事が出来ないとされます。

 

乾燥肌の方にとって適したスキンケア法については「乾燥肌対策とスキンケア」のページなども参考にしてみてください。