乾燥肌予防.com >> 乾燥肌の原因 >> 紫外線が原因で乾燥肌になる?

紫外線が原因で乾燥肌になる?

日光に含まれている紫外線はお肌への悪影響があることがわかっています。乾燥肌はもちろん、シミやしわなどの原因にも。紫外線の強い夏場はもちろん、乾燥肌になりがちな冬もしっかりと紫外線対策をしましょう。

 

 

紫外線があたえる肌へのダメージ

健康の秘訣と考えられてきた日光浴。かつては母子手帳にも赤ちゃんへの日光浴を促進する記述がありました。しかし近年では日光に含まれる紫外線が皮膚にとって悪い影響を及ぼす事が分かり、紫外線対策への意識もずいぶん変化してきました。

 

そんな紫外線は、シミやしわと共に乾燥肌の原因のひとつでもあります。正常に機能している肌の状態では、水分や角質層が紫外線から肌を守っています。しかし水分を奪う力が大変強い紫外線。人が紫外線にあたると肌の角質層から水分を奪ってしまい、肌を守る機能を衰えてさせてしまいます。その結果紫外線が肌内部まで侵入し、肌を乾燥状態へと導いてしまいます。

 

また、人が紫外線にあたると体内で活性酸素を発生させ、皮膚の酸化を促進させてしまいます。それが原因となり、皮膚を保湿するのに大切な成分であるコラーゲンが硬化してしまい、肌を保護する機能が失われる事から肌細胞に悪影響を与え乾燥肌状態となります。このように、紫外線はあらゆる面で乾燥肌の原因となってしまうのです。

 

紫外線がもたらす美容への悪影響については「紫外線は髪や頭皮にも大きなダメージ。紫外線対策とUVケア。」などの記事も参考になります。ぜひご一読下さい。