乾燥肌予防.com >> 乾燥肌対策 >> 乾燥肌のための日常生活の改善 >> 乾燥肌のための紫外線対策・日焼け止め

乾燥肌のための紫外線対策・日焼け止め

紫外線のための乾燥肌対策は、とにかく肌に「紫外線を受けない事」と「水分補給など保湿」が大切なポイントとなります。そのためのポイントを説明していきます。

 

 

紫外線対策で乾燥肌を緩和する

乾燥肌の原因」でも説明している通り「紫外線」は乾燥肌の大きな原因の一つです。紫外線を浴びないようにすることが乾燥肌を改善するための方法の一つです。

では、その紫外線を浴びないためにはどんな対策をとるべきなのでしょうか?下記にまとめてみます。

  • 紫外線が強い季節の外出時は、日焼け止めクリームを使用する
    女性の方で日焼け止めを使わないという方はあまりいないと思いますけど。。。

  • 日焼け止めクリームはなるべく肌への刺激の少ないものを選ぶ
    入浴法」でも説明したように刺激は乾燥肌の大敵です。低刺激性の日焼け止めクリームを使うようにしましょう。

  • 日傘を利用したり紫外線を受けにくい服装を選ぶ
    最近では、UVカット加工がされた洋服もでています。そういったものを着用しましょう。また、黒っぽい服の方が紫外線を通しにくいです。日傘や帽子などは黒を選択すると良いでしょう。

  • 紫外線の強い時間帯の外出はなるべく避ける
    そもそも紫外線を浴びないためには外出を控えることも。

  • 日焼け止めクリームを使用したら必ずその日のうちに落とす
  • ※日焼け止め効果の高い日焼け止めクリームほど、その分肌に負担がかかっているため、特にSPF値/PA値が高いものやウォータープルーフの日焼け止めを使った場合は、クレンジングやコットンを使ったりするなど丁寧に落とす。

  • 化粧水やクリームなどで水分補給や保湿を
    日焼け止めを使った後は、乾燥しやすいので化粧水などで水分補給をしていきましょう。乾燥肌に適した化粧水については「乾燥肌対策とスキンケア」のページで詳しく説明しています。

 

>>乾燥肌のための日常生活の改善ポイント一覧に戻る