乾燥肌予防.com >> 乾燥肌対策 >> 乾燥肌のための日常生活の改善 >> お部屋の湿度で乾燥肌を予防する

お部屋の湿度で乾燥肌を予防する

乾燥した空気は乾燥肌にとってもは大敵。乾燥肌を予防するには、生活環境が乾燥しないように注意する事が大切となります。特に冬は空気が乾燥しやすくなる時期。それに加え暖房が入った室内に長くいる機会も増えるため常に乾燥した空気に触れている状態です。

 

 

乾燥肌対策のための湿度は60%を推奨。30%以下は相当危険!

また冬だけでなく、夏もエアコンが原因となり乾燥肌になりやすい状況に。暖冷房器具は運転しっぱなしにせず、時々止めて空気の入れ替えを行いましょう。肌にとって最適な湿度は約60%前後とされ、湿度30%以下になると肌の水分が蒸発すると言われています。

 

適切な湿度を守る事は乾燥肌対策には欠かせません。加湿器などを使って室内の湿度を上手にコントロールしましょう。水を入れたコップを置いたり、湿らせたタオルをハンガーなどで吊るしておくのも有効です。

 

また、加湿器がわりに「アロマミスト」などを選んでもいいですね。
乾燥肌に効果的な精油(エッセンシャルオイル)である「カモミールローマン」や「サンダルウッド」「ラベンダー」などを使えば、加湿をしつつ、エッセンシャルオイルの効果で2重の乾燥肌対策となります。

※リンク先はアロマテラピーの情報サイト

 

特に冬場は乾燥しがちです。湿度が低いとお肌だけでなく、風邪やインフルエンザなどもひきやすくなるそうですので、十分に注意してください。

 

>>乾燥肌のための日常生活の改善ポイント一覧に戻る